第22回日本脳腫瘍の外科学会|会期:2017年9月8日(金)~9日(土)|会長:有田 和徳 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科脳神経外科学 教授|会場:かごしま県民交流センター

学会ポスター

Young Asian Neurosurgeons' Session

教育セミナーポスター

ハンズオンセミナー

市民公開講座

Pituitary Summary

  • 事務局
  • 鹿児島大学大学院医歯学総合研究科
    脳神経外科学
  • 〒890-8520 鹿児島市桜ヶ丘8-35-1
  • TEL: 099-275-5375
    FAX: 099-265-4041
  • Email: bts2017-office@umin.ac.jp
  • 連絡事務局
  • 〒105-0001
  • 東京都港区虎ノ門5-12-1
    虎ノ門ワイコービル
  • 株式会社コンベックス内
    TEL: 03-5425-1604
  • FAX: 03-5425-1605
  • Email: bts2017@convex.co.jp
  •        

プログラムProgram

2017年8月現在下記のプログラムを予定しております。

A. 特別講演3題

Ⅰ. Dr. Helmut Bertalanffy
(International Neuroscience Institute, Hannover, Germany)
「How to safely remove deep-seated brain tumors」

Dr. med. Helmut Bertalanffy(Hannover, Germany)

Ⅱ. Dr. Charles Teo
(Director of the Centre for Minimally Invasive Neurosurgery at Prince of Wales Hospital, Sydney, Australia)
「Keyhole Approach to Gliomas」

Dr. Charles Teo,(Sydney, Australia)

Ⅲ. Dr. Francesco Zenga
(Department of Neuroscience, Division of Neurosurgery, University of Torino, Italy)
「Endoscopic skull base surgery: from cribra down to the odontoid」

Dr. Francesco Zenga(Torino, Italy)

B. 教育講演 2題

Ⅰ. 杉山 一彦(広島大学病院がん化学療法科)
「癌の最前線から見える脳腫瘍治療の近未来」

広島大学病院がん化学療法科 杉山一彦

Ⅱ. 小森 隆司(東京都立神経病院検査科病理)
「WHO脳腫瘍分類2016、その概要と見えて来た問題点」

東京都立神経病院検査科 小森隆司

C. シンポジウム
シンポジウム1 巨大下垂体腺腫の治療戦略
シンポジウム2 脳腫瘍手術における再建と整容
シンポジウム3 神経膠腫の手術 -maximal safe removalはどこまで可能か-
(スポンサードセッション:ノーベルファーマ株式会社)
シンポジウム4 脳幹部腫瘍の摘出手術 -safety and efficiency-
シンポジウム5 頭蓋頚椎移行部腫瘍へのbest surgical strategy
シンポジウム6 術中MRIの近未来
シンポジウム7 脳腫瘍手術と脳機能マッピング、state of art
シンポジウム8 頭蓋底部内視鏡手術の最前線
シンポジウム9 脳腫瘍手術のシミュレーション、state of art
シンポジウム10 長期成績からみた頭蓋底部髄膜腫の治療戦略 -放射線治療を含む-
シンポジウム11 小脳橋角部腫瘍へのアプローチ -スタンダードとチャレンジ-
シンポジウム12 第三脳室内および傍鞍部腫瘍への治療戦略
D. メインテーマ
メインテーマ1 神経膠腫 画像とモニタリングを基にした摘出戦略
メインテーマ2 神経膠腫の切除 どこまで可能か
メインテーマ3 頭蓋底髄膜腫の治療戦略
メインテーマ4 内視鏡下経鼻手術1
メインテーマ5 脳腫瘍摘出と術中MRI
メインテーマ6 内視鏡下経鼻手術2
メインテーマ7 傍鞍部腫瘍に対する手術戦略
メインテーマ8 下垂体部腫瘍
メインテーマ9 脳幹部海綿状血管腫の治療戦略
メインテーマ10 小児脳腫瘍の治療戦略
メインテーマ11 神経膠腫の手術戦略
メインテーマ12 術前プランニング/シミュレーション
メインテーマ13 脳深部腫瘍に対する手術戦略
メインテーマ14 頭蓋底腫瘍
メインテーマ15 小脳橋角部腫瘍1
メインテーマ16 小脳橋角部腫瘍2
E. 一般演題(口演・ポスター)
一般演題1 髄膜腫1
一般演題2 手術アプローチ
一般演題3 髄膜腫2
一般演題4 脳腫瘍手術と画像
一般演題5 ナビ・機能・シミュレーション
一般演題6 深部腫瘍へのアプローチ
一般演題7 内視鏡手術
一般演題8 稀な腫瘍1
一般演題9 グリオーマ
一般演題10 高齢者の脳腫瘍
一般演題11 グリオーマ/その他
一般演題12 転移性脳腫瘍
一般演題13 光線力学療法
一般演題14 カルムスチンウェーハ その他
一般演題15 hemangioblastoma/腫瘍塞栓術
一般演題16 稀な腫瘍2
ポスター1
ポスター2
ポスター3
ポスター4
F. ランチョンセミナー

ランチョンセミナー1

2017年9月8日(金)12:00~13:00
B会場(かごしま県民交流センター 2F 大ホールA)

演者 吉本 幸司(九州大学大学院医学研究院 脳神経外科)
「初発腫瘍残存例に対するアバスチン治療」
秋山 幸功(札幌医科大学医学部 脳神経外科学講座)
「初発悪性神経膠腫患者に対するBCNU & Bevacizumab治療の経験」
座長 中田 光俊(金沢大学医薬保健研究域医学系 脳・脊髄機能制御学)
共催 中外製薬株式会社

ランチョンセミナー2

2017年9月8日(金)12:00~13:00
C会場(かごしま県民交流センター 2F 中ホール)

演者 八代 一孝(藤元総合病院)
「脳腫瘍摘出術とガンマナイフ治療 – 進歩するcollaboration –」
座長 竹島 秀雄(宮崎大学医学部臨床神経科学講座脳神経外科学分野)
共催 エレクタ株式会社

ランチョンセミナー3

2017年9月8日(金)12:00~13:00
D会場(かごしま県民交流センター 3F 大研修室1)

演者 山本 貴道(聖隷浜松病院・てんかんセンター)
「脳腫瘍関連のてんかんに対する治療戦略と新規抗てんかん薬」
座長 花谷 亮典(鹿児島大学病院 脳神経外科)
共催 エーザイ株式会社

ランチョンセミナー4

2017年9月9日(土)12:30~13:30
B会場(かごしま県民交流センター 2F 大ホールA)

演者 中溝 玲(九州医療センター 脳神経外科)
「若手・中堅のための後頭蓋窩腫瘍摘出術の基本とコツ」
座長 有田 和徳(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科脳神経外科学)
共催 日本ストライカー株式会社

ランチョンセミナー5

2017年9月9日(土)12:30~13:30
C会場(かごしま県民交流センター 2F 中ホール)

演者 篠山 隆司(神戸大学医学部附属病院 脳神経外科)
「悪性神経膠腫治療におけるギリアデルの現状と今後」
川端 信司(大阪医科大学 脳神経外科学教室)
「ギリアデル自験例を再考察」
座長 廣瀬 雄一(藤田保健衛生大学医学部脳神経外科学講座)
共催 エーザイ株式会社 / ノーベルファーマ株式会社
G. 3D Endoscope Special Session
日時 2017年9月8日(金)14:50-16:00
会場 E会場(かごしま県民交流センター 3F 中研修室2)
演者 Dr. Francesco Zenga
(Department of Neuroscience, Division of Neurosurgery, University of Torino, Italy)
「3D-Endoscopic skull base surgery」
演者 吉本 幸司(九州大学大学院医学研究院 脳神経外科)
「3D内視鏡を用いた経鼻手術:3Dシステムによる違いを含めて
3D endoscopic endonasal surgery: difference of visual performance depending on the 3D system」
演者 谷口 理章(神戸大学医学部脳神経外科)
「3D内視鏡が有用な経鼻頭蓋底手術の各局面
Different phases of endonasal skull base surgery where the 3D endoscope becomes effective」
座長 平野 宏文(鹿児島大学大学院医歯学総合研究科脳神経外科)
H. Young Asian Neurosurgeons' Session
“How we manage these challenging situations.”

Young Asian Neurosurgeons' Session
“How we manage these challenging situations”

日時 2017年9月8日(金)16:20-18:40
会場 C会場(かごしま県民交流センター2F 中ホール)
座長 神野 哲夫(ジャパン藤脳クリニック)
Basant Pant (Annapurna Neurological Institute, Kathmandu, Nepal)
黒岩 敏彦(大阪医科大学脳神経外科)
堀 智勝(東京脳神経センター病院)

Zainal Muttaqin
(Neurosurgery Department, Diponegoro University, Semarang, Indonesia)


加藤 庸子(藤田保健衛生大学坂文種報徳曾病院脳神経外科)

【Young Asian Neurosurgeons' Session Ⅰ】16:20-17:30

A-1 演者 Basant Pant
(Annapurna Neurological Institute, Kathmandu, Nepal)
A-2 演者 Navneet Singla
(Department of Neurosurgery, Post Graduate Institute of Medical Education and Research, Chandigarh, India)
A-3 演者 Pranaya Shrestha
(Annapurna Neurological Institute, Kathmandu, Nepal)
A-4 演者 Harnarayan Singh
(W Pratiksha Hospital, Gurugram, India)
A-5 演者 Binod Rajbhandari
(Department of Neurosurgery, Tribhuvan University Teaching Hospital, Kathmandu, Nepal)
A-6 演者 Chandra Prakash Yadav
(Department of Neurosurgery, B and C Medical college and teaching Hospital, Birtamode, Nepal)

【Young Asian Neurosurgeons' Session Ⅱ】17:30-18:40

A-7 演者 Bipin K. Chaurasia
(Neurosurgery Department, Bangabandhu Sheikh Mujib Medical University, Dhaka, Bangladesh)
A-8 演者 Musafir Aalam
(Neurosurgery Department, Lady Reading Hospital, Peshawar, Pakistan)
A-9 演者 Yuriz Bakhtiar
(Neurosurgery Department, Faculty Medicine of Diponegoro University, Semarang, Indonesia)
A-10 演者 Irwan Barlian Immadoel Haq
(Department of Neurosurgery Airlangga University-Dr. Soetomo General Hospital, Surabaya, Indonesia)
A-11 演者 Ali Niyaf
(Department of Neurosurgery, ADK Hospital, Malé, Republic of Maldives)
A-12 演者 Samra Majeed
(Department of Neurosurgery, Fatima Jinnah Medical University, Lahore, Pakistan)
A-13 演者 Manoj Bohara
(Department of Neurosurgery, Nepalgunj Medical College Teaching Hospital, Nepalgunj, Nepal)
I. ワークインプログレス
※医療機器メーカーから最新の機器と近未来に関する情報を発信していただきます。

日時:2017年9月8日(金)18:05-18:40

会場:B 会場(かごしま県民交流センター 2F 大ホールA)

ご参加企業 エス・アンド・ブレイン株式会社
ノボキュア株式会社
ブレインラボ株式会社
欧和通商株式会社
株式会社平和医療器械
東芝メディカルシステムズ株式会社
日本特殊陶業株式会社
ミズホ株式会社
株式会社日立製作所
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
日本光電工業株式会社
J. 教育セミナー(脳腫瘍関連4学会合同生涯トレーニングコース)
日時 2017年9月9日(土)11:45-12:20、13:40-16:15
会場 C会場(かごしま県民交流センター2F 中ホール)
テーマ 「局所解剖と手術アプローチの基本を学ぶ」
司会・進行 鮫島 哲朗(浜松医科大学脳神経外科)
参加費 5,000円(学会参加者は無料)

当日の受付も行っていますが、受付順に前方から着席いただきますので、希望者は別紙FAXにて参加申し込みを行ってください。
なお、学会当日は総合受付で参加申込を受け付けます。

詳細はこちらのページをご覧ください。

K. ハンズオン・ドリルコース

頭蓋底外科エキスパートがドリルテクニックを伝授します。

日程 2017年9月9日(土)9:30〜12:30
会場 かごしま県民交流センター
絵画制作室(東棟 5F)
進行 黒﨑 雅道(鳥取大学医学部脳神経外科)
募集人員 約20名
共催 日本メドトロニック株式会社
カールツァイスメディテック株式会社
村中医療器株式会社

詳細はこちらのページをご覧ください。

L. 市民公開講座
日程 2017年9月10日(日)14:00-16:10(開場13:30-14:00 開演14:00)
会場 鹿児島県医師会館 大ホール
主題 「もうこわくない脳の病気」
参加費 無料

詳細はこちらのページをご覧ください。

Copyright © 2016 The 22nd Annual Meeting of the Japanese Congress for Brain Tumor Surgery. All Rights Reserved.